「終活」という言葉を耳にしたことはありますか? 「しゅうかつ」と読む言葉です。終活とは「人生の終わりをより良いものとするため、事前に準備を行うこと」です。
例えば、自分のお葬式やお墓について考えておいたり、財産や相続について認識して、 把握しておくといった内容で、これらの活動を行うことで残された家族に迷惑をかけることも無くなり、 また、安心して余生を過ごすことができます。

何も準備ができていない状態で、「もしも」のことがあった場合、 残された家族がお葬式やお墓、相続、そして身の回りの整理のすべてを背負うことになり、

「お父さん(お母さん)のお葬式はこれでよかったのかなぁ」
「もっとこうしてほしかったという希望があったのかも…」

故人の思いを聞くことができなかった家族は、 何年経っても自分たちが執り行ったことに後悔が残ってしまうのです。

終活の一例

  • エンディングノートをまとめる
  • お葬式を決めておく
  • お墓を探しておく
  • 財産や相続をまとめておく
  • 自分の荷物を片付けておく

ファイナンシャルプランナーについて

終活をやろうと思っても何からはじめたらいいか困ってしまうと思います。

「近年様々な供養形態が出てきており、どんなお墓を建てるべきかわからない」
「最期を迎える時に葬儀や建墓の費用、相続税などについて家族に迷惑をかけたくない」

FP 髙橋 佳孝終活は一つとして同じものはなく、まさに十人十色です。

何故なら、人生は皆さんそれぞれ違っているからです。

宗教観や死生観も、人それぞれ異なります。

だからこそ、全体を見渡し、通り一遍ではない適切なアドバイスができ、必要な専門家とネットワークを持つ、終活カウンセラーのような道先案内人が必要になるのではないでしょうか?

専門の資格「終活カウンセラー 認定資格」を取得した職員が相談を承りますので幅広いお悩みに対応できます。

お墓・葬儀・どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。

お一人お一人に合わせたきめ細やかなサポートをお約束します。

FP紹介

経歴 大学卒業後、金融機関の勤務を経て家業である石材店の業務に携わる。
沢山のお客様と接することで事前に自分の相続を把握して準備することの重要性を感じて独立ファイナンシャルプランナーとなる。
資格 終活カウンセラー
ファイナンシャルプランナー
相続診断士
趣味・特技 ゴルフ、読書、ラグビー(花園出場)
好きな本 「人を動かす(新装版)」
(著:デール・カーネギー、訳:山口博、1999年・創元社)

専門士紹介システム

相続には専門知識を持った専門家が必要です

お客様の将来に向けてのご希望、現在の資産状況や家族の状況などを踏まえて、お客様のライフプラン実現のお手伝いをするためには、非常に幅広い専門領域に渡っての対応が必要になる場合がございます。

一概に相続と言っても時期やその方の家族環境によって必要となる専門知識が違います。当事務所がお客様の相続状況をしっかりと確認しながら、より必要性の高い専門家を紹介致します。

専門士への相談もサポート致します

専門士だと専門用語や難しい内容を言われるのではと不安な方は同席してサポート致します。専門士との日程調整や事前説明は行いますのでお客様のお手を煩わせることはございません。

お気軽にお問い合わせください。0120-85-3387受付時間 9:00-17:00 [火曜日除く]

お問い合わせ